上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、9月24日は映画「ぼくはうみがみたくなりました」の原案・企画・脚本を担当された山下久仁明さんの息子さん大輝くんの20回目のお誕生日でした。

突然の鉄道事故により15歳で亡くなってしまった大輝くん。

大輝くんが亡くなってからのこの5年間、山下さんは映画「ぼくうみ」の製作・上映に心血を注がれてきました。

山下さんの想いが、多くの支援者の心に届き、映画製作のためのカンパや、全国での自主上映会の開催に繋がっています。

山下さんのブログ「おさんぽいってもいいよぉ」の昨日の日記。


(大輝が)生きてたら、映画なんか出来なかったはず。
カンパ金なんか集まるはずないし。
でも、それでもよかった。
でも、その方がよかった。


胸が痛いです。
山下さんの気持ちを思うほど、映画「ぼくうみ」の最後のシーンが胸に響いて、思い出すだけで涙が出そうになります。

映画「ぼくはうみがみたくなりました」は大輝くんがこの世に生を受けてくれたから、出来た映画。
大輝くんはもういないけれど、この映画が大輝くんの生きた証。

映画「ぼくはうみがみたくなりました」を通して、もっと多くの人々に、自閉症を知ってもらいたい。
そして、「自閉症」を「障害」ではなく「個性」として多くの人に自然と受け入れてもらえるような社会になってほしい。
そう願っています。

いろいろな大人の事情?で、山下さんが情報公開をする前にDVD発売情報が流れてしまったようですが・・・

本来、山下さんが想定していた情報公開日である9月24日に、正式なDVD発売に関する詳細が ぼくうみ製作実行委員会にupされたので、こちらで紹介させてもらいます。

2010年11月17日「ぼくはうみがみたくなりました」DVD発売決定☆

ぼくうみ製作実行委員会販売価格3800円(税・送料込)
日本語字幕・音声ガイド入り


↓DVDの詳細・注文はこちらから↓

DVD予約注文ページ

初回発売分(限定400枚)には、初回販売特典グッズのオマケがつくそうです♪

DVDの売り上げも、山下さんが映画製作のためにされた借金返済費用に充てられるそうです。
いろいろなネット通販会社でもDVDの購入は出来るようですが、出来れば、上記のぼくうみ製作実行委員会専用の注文フォームからの購入をお願い致します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。